看護師のメリット

看護師という仕事は、看護の教育を受けた上で国家資格を合格し、看護師免許を持っている人でなければ働くことが出来ない専門職です。
また、昔から安定性のある職業の為人気の多い職業です。


看護師として働くうえで最もメリットを感じるのが収入の面です。
初任給は他の職業と比べても比較的高い傾向にあります。
また激務のイメージの強い職業ですが最近では労働条件が改善され多くの週休2日で勤務している看護師が大きな割合を占めています。


ですが給料が比較的良い分、人の命を預かる仕事という大きな責任を負う仕事な上に勤務先によっては夜勤をしなければいけない場合もあるので体力的に通常の日勤の仕事に比べると給料が良い分大変な仕事ではあります。


また、看護師という職業には他の職業であれば定年というものが決められていますが、そういった概念が他の職業などに比べるとあまり無いので比較的長く務めることの出来る職業と言われています。
その為、看護師という職業は定年が無いと言われています。
実際のところは、看護師の定年というのは職場によって違います。
病院によって定年が定められているところもあれば定年の年齢が定められて居ない場所もあるため勤務している病院によっていつまで働くことが出来るのかが異なってきます。


その為、長く看護師として働きたいと思っているのであれば勤務する病院に定年の年齢が定められているのか、いないのかを事前に知っておく必要があります。